緊急時対応訓練を行いました。

弊社では毒劇物や危険物に分類される工業薬品も取り扱っておりますので、保管、製造、運送において安全面には十分に気を付けております。

しかし、万一の緊急時には安全かつ迅速な対応が取れるように、本社・福岡工場、天道工場で緊急時対応訓練を行いました。
 
今回は、両工場でコンテナやタンクローリーから大量に薬品が流出するといった事故を想定し、薬品の工場外への流出防止、薬品の回収、路面洗浄等の内容で行いました。

緊急時対応訓練 緊急時対応訓練 緊急時対応訓練
   遮蔽板設置作業        土嚢作業        薬品吸引作業

緊急時対応訓練 緊急時対応訓練
   漏洩液回収作業      路面の洗浄作業

工場内には「遮蔽板」というものがあり、薬品の流出防止の為に外部への経路を遮断します。

また、「防液堤」や「貯留槽」というものも設置されていますので、50t~100t(ドラム缶250本~500本分)程度の流出までは遮蔽板を閉めることで工場外への流出を止めることが出来ます。


緊急時対応訓練 緊急時対応訓練 緊急時対応訓練
   防具服着装訓練        救護訓練         路面洗浄後pHチェック
その他にも、防護服の短時間での着装訓練、担架による負傷者の救護、漏洩場所のpHチェック、通報訓練等も行いました。

 訓練実施後には今後の改善や対策を行い、より一層、安全と事故防止の意識を高めるよう取り組んでいます。



社内行事   2014/06/09   総合企画室
タグ:安全